Copy Right 社労士になって女子力向上 Since 2010

社労士試験に合格した後どうなるの?

さあ、一気にジャンプして、社労士試験に合格した後のことを知っておきましょう。まずは、手続き上のことから。社労士試験の合格発表は、例年11月の上旬だけど、合格したからといってすぐに社労士となれるわけではないんです!合格後、2年以上の実務経験をするか(合格前の経験でも可)、事務指定講習というものを受け、社会保険労務士名簿に登録。登録免許税3万円と手数料3万円が必要となる。

手続き上のことはこれで良しとして、次は気になる仕事について。独立・開業も視野に入れて資格を取る人が多いですよね?社労士の資格は、独立・開業しやすい資格の一つなので、それも可能。多くの場合、最初は自宅で開業するよう。年収は、稼げるようになれば1000万円や2000万円を稼ぎ出す人も。でも、最初は300万円くらいからのスタートと考えておいたほうがよさそう。もちろんやり方しだいなので、いろいろ考えてみて。

独立・開業組みだけではなく、就職組みもいるのでは?社会保険労務士事務所に就職して、仕事のノウハウを学ぼうとする人もいるはず。資格をとるのと、仕事を覚えるのは別の話。まずは就職という考えは間違った選択ではない。求人広告をみると、年収で400万円以上はもらえそう。ただ、慣れてくると歩合になることも。

それから、一般企業の人事部や総務部で社労士を募集していることが多い。社内に社労士がいれば、外部の社労士を使わなくて良いのでメリットがあるよう。もちろん、年収交渉ができる。普通の(無資格の)人事スタッフと同じでは面白くない。入社後は、人事・総務スタッフとして働きながらみんなに仕事を教えたり、人事戦略など会社の経営に参画したり、レベルの高い仕事を任されることも。

仕事をバリバリやりたいと思って資格を取るはずなので、職場を決めるのはとても大切なこと。好みがあるかもしれないけれど、企業に就職すれば、会社の役に立っている実感があるし、いろんな職種の人との出会いにも期待が。素敵女子としての振る舞いが評価される場面も。もちろん、自信がついてきたら独立して自らが経営者となるのも素敵。結婚後も続けられるような体制を早くから作っておきたい!

わたしの周りでも、自分磨きで習い事をしたり、資格の勉強をしている人がたくさん。でも、すぐに飽きていろんなことに手を出したり、資格を取ることが目的になってしまって合格後に知識を活かしきれていなかったり(多くの場合資格マニアに・・・)。時間は無限にないから、しっかり自分のスタイルを確立していかないと!!