社労士の基本情報について調べていきます

どんな試験なのか知りたい

社労士になろうと思ったら(社労士の難易度を知りたいと思ったら)、まずは、社労士の試験について知ることが大事。
難易度っていっても数字になっているわけじゃない。

  • どんな試験なのか
  • どんな仕事か、どんな試験内容か
  • 他の資格に比べてどれくらい難しいのか
  • 学習期間と勉強時間はどれくらいか

この4つのバロメーターで考えてみて。
それではひとつめの、「どんな試験なのか」について。

試験は、毎年8月に実施されている。年に一度きり。
全てマークシート(選択式、択一式)
の試験だから、論述などに比べて回答形式は難しくない。

割と気軽に挑戦できる。でも、受験資格があるから注意して。

受験資格の代表的なものは、大卒、短大卒、行政書士の資格のある人、実務経験のある人など。
その他の学歴や有資格者も対象なんだけど、複雑なので確認を。試験の外枠だけを見ると、決して難しい感じはしないでしょ。

試験について詳しくは全国社会保険労務士連合会試験センター
社会保険労務士試験オフィシャルサイト

難しそう・・・と思ってしまうのは、合格率と合格基準。
合格率は、ここ10年で10%を超えたのは一度きり。それ以外はずっと10%未満。つまり、10人に1人も受からないってこと。
誰でも受かるわけではないってことはわかってもらえるはず。

合格基準は設定されていない。でも、傾向としては70%得点すれば合格できる。110点満点だから、77点を目指すってこと。これって、けっこう難しい感じがしちゃうでしょ?

簡単な検定試験を経験したことのある人ならわかると思うけど、6割程度の得点で合格できる試験が多いから、それに比べると狭き門と言えそう。

試験科目は・・・

  • 労働基準法及び労働安全衛生法
  • 労働者災害補償保険法
  • 雇用保険法
  • 労働保険の保険料の徴収等に関する法律
  • 労務管理その他の労働に関する一般常識
  • 社会保険に関する一般常識
  • 健康保険法
  • 厚生年金保険法
  • 国民年金法。

なにやら難しそうな法律がずらりと並んでいるけれど、どれも労務や社会保険、年金に関するものだから、意外と身近なものばかり。
興味ありそうなものはいくつある?わたしは、今まで会社に任せっきりというか、言いなりだったので、どれも知っておいて損はない知識だと思いました!

試験概要の段階では、社労士の難易度について、難しく感じた人もそうでない人もいるはず。

次のページから、社労士難易度のバロメーター2~4を書くので、ぜひ参考にしてみて。ただし、頑張れば誰でも合格できる試験であることはお忘れなく!