Copy Right 社労士になって女子力向上 Since 2010

愛され社労士の合格体験記

わたしが愛され社労士かどうかは別として、わたしの合格体験を最後に皆さんにお伝えして締めとします!!

会社員の頃は、営業事務をしていました。自分で言うのもなんですが、彼氏もいるし、お給料もまあまあだし、センスもそこそこだし、けっこうきれいなお姉さんタイプです!目標は、米倉涼子みたいな・・・。で、なんとなくもっとかっこよく働けたら完璧なのにという、不純な好奇心から資格を取ることにしました。自分磨きはそれまでもいろいろしてきたのですが、このときの決心は今まで以上のものでした。

決心したのが8月で、すぐにインターネットで情報を集めてフォーサイトを発見。勉強を開始しました。朝に勉強するのがよいと書かれていたので、早起きする習慣をつけてやりました。難しい法律用語は覚えるのに苦労しましたが、DVDがついていたので耳で覚えることができました。DVDの内容は、テキストとリンクしていて、テキストに沿った講義を収録しているものです。フォーサイトにした決め手になったのもこのDVDですが、通学しなくても授業を聞くことができ、なおかつ何度でも繰り返し見ることができたので良かったです。

平日の朝と週末、けっこう根詰めてやったので、10月が終わるころにはひと通り基礎を終えて、過去問講座に移りました。そして、年内には過去問講座もひと通り終えました。これはあくまでもわたしの実感ですが、もっと時間があれば、もっと短縮できたと思います。

それからは、基礎で覚えたことを忘れないように繰り返しテキストを読んだり、過去問演習で穴を見つけては復習したりして勉強を進めました。そして、試験直前は直前講座で駄目押しを。自分でも驚くほどスムーズに勉強できました。フォーサイトは、勉強を教えてくれるだけではなく、試験までの勉強スケジュールを管理してくれるシステムがあるので、途中で悩んだりせずにできました。

あまり悪戦苦闘の合格体験記でなくて申し訳ありませんがこんな感じです。苦労したのは、基礎を覚えるのが大変だったのと、試験問題を解くコツをつかむことでした。でも、それも繰り返しやることで克服できたので難しく考えることはありません。

社労士の試験は一般に難易度が高いといわれていますが、受かってしまえば懐かしい過去の話です。皆さんも、是非こちら側に来てください。

わたしは、今は転職して企業の総務部で働いています。でも、1~2年の内に独立し、35歳までにはそれなりの会社にし、その頃結婚と出産、という妄想を抱いているところです。後は素敵な旦那様が現れるといいなあ。何とかわたしにつりあうオトコはいないかしら?(今の彼氏ごめん・・・)